リンク

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

出前授業

出前授業 5年「天気の変化」 2013

いよいよ新学期がスタートし、
平成25年度最初の出前授業が行われた。

5年「天気の変化」
今年も前橋地方気象台にお願いをした。
今回の講師の先生は、初めての先生。
昨年度と同じような内容で教えていただいた。

子どもたちの質問にも、一つ一つ答えていただけた。

Tenki_1_2


pencil 昨年度までの授業

○出前授業 5年「天気と気温の変化」 2010年
http://chiy-science.cocolog-nifty.com/scienceblog/2010/05/post-0786.html

○ 5年 天気 出前授業 2011年
http://chiy-science.cocolog-nifty.com/scienceblog/2011/05/5-b382.html

○出前授業 「天気の変化」 2012年
http://chiy-science.cocolog-nifty.com/scienceblog/2012/05/post-946a.html

出前授業 5年電磁石

今年も、群馬大学工学部の技術専門員の方にお願いをして、出前授業をしていただいた。

昨年の様子↓
http://chiy-science.cocolog-nifty.com/scienceblog/2012/03/post-9ffb.html

一昨年の様子↓
http://chiy-science.cocolog-nifty.com/scienceblog/2011/03/post-4677.html


授業内容は今までとほとんど同じ。
受ける子どもたちは変わるので、内容は同じでも問題はない。
子どもたちの知識レベル的にも、今の内容が適当だと思う。

やっぱり一番の人気は、プラズマボール。
電気を目で見える形で見ることが出来るのが、
人気の高さの秘密らしい。
要は、雷と同じなんだけどねぇ~。
雷は大きすぎて、電気という認識にならないのかも。

電気によって磁界が発生したり、
その他いろいろな電気や磁石の不思議を目にして、
物理の世界に興味を持ってくれれば、それで目的は達成。

そう言えば、今年は「将来、群大工学部に行って勉強したい」という
感想がなかったなぁ・・・・。


Demae01 Demae02

Demae03 Demae04

Demae05 Demae06

Demae07

<メニュー>
・紹介
・導線の周りに発生する磁界
・コイルでスピーカー
・フレミングの法則
・強力電磁石
・プラズマボール
・ネオジム磁石渦電流

出前授業 ~南極クラス~

01

南極クラスという出前授業がある
http://www.eco.misawa.co.jp/antarctic-class/


学校生協が主催していて、協賛にミサワホーム。
1月頃学校に南極クラスの案内が配布された。
早速「授業をして欲しい」と連絡をしたら、
すぐに授業をしていただけることになったhappy02notes
本校では、キャリア教育も兼ねて6年生で実施した。

授業をしてくださるのは、
ミサワホームから南極越冬隊に参加された先生。
テンポよくおもしろい話を交えながらの授業で、
前半後半合わせて90分の授業だったのだけれど、とてもおもしろかった。

実際の南極のブリザードの映像や、
いろいろなおもしろ実験の様子など、
現地に行った人の声で聞くとリアルさが違うgood

調査研究などの難しい話ばかりではないので、
集中時間の短い子どもたちでもしっかり聞くことができた。

映像やお話だけではなく、実際に手にとって触れるモノもあった。
02
担任の先生に防寒着を試着してもらった。
誰が着ているのか子どもたちは分かっていないので、
最初は恐る恐る・・・。
担任の先生と分かると喜んで触っていた。

03
南極の氷。
数万年前に降った雪が固まったもの。
水に入れると、中に閉じ込められた空気がパチパチとはじける。
子どもたちは、静かに耳をすませた。


ほかの学年の子どもたちも、
「南極の話が聞きたかった!」と言っていたので、
来年度もぜひ実施したいhappy01


おみやげに、カレンダーとタオルをいただいた。
04
貴重だ~penguin
理科室に飾ろうかな。

出前授業 4年「ふれあい天文学」

今年は、国立天文台が主催している「ふれあい天文学」にも応募した。http://prc.nao.ac.jp/delivery/fureai.html

めでたく当選し(というか、申し込めばほぼ当たる?!)、
4年生に授業していただいた。

国立天文台の先生が、4年生に分かりやすく映像を交えて話してくださる。
Tennmonn02

Tennmonn01


子どもたちも、難しい内容もあるけれど、真剣に楽しく聞いている。
Tennmonn03


最後の質問コーナーでは、
天体や宇宙に関することを何でも答えてくれる。

「宇宙人はいるんですか?」
「宇宙の外には出られないんですか?」などなど。

中には、
「それは、君がうんと勉強して、大学に行って調べてみてね。」
と言う回答になることもあるけれど・・・。
宇宙は、まだまだ分かっていないこともたくさんあるのだ。

子どもたちは学校で勉強していると、
世の中のこと何でももうすっかり分かってしまっているような気になるのだけれど、
実はそんなことなくて分からないこともまだまだたくさんあるのだ。

偉い先生に、まだ分からないことがあるから、
ぜひ調べてみてねと言われると、俄然やる気になってしまう子もいるのよね。
そういう子が将来天文や科学の道に進んでくれるといいなぁと思う。

来年も、「ふれあい天文学」は開催される予定だそうなので、ぜひ申し込んでみよう。
6年生とかでも楽しそうだよね~。盛り上がるかなぁ~。

4年生は盛り上がりすぎてしまって、時間オーバーになってしまった。
やっぱりみんな天体は好きなのよね。

出前授業 5年「流れる水のはたらき」

今年も、県の出前なんでも講座を利用して授業。http://www.pref.gunma.jp/07/b2111296.html

河川課の方々にお願いをして授業していただいた。
授業の内容は、概ね昨年と同じ。
小学校が変わったので、若干修正。

今の学校の子どもたちは、
川がごく身近にあって、実際に川があふれる被害にも遭っているので、
河川災害への意識は持っている。

Photo

ちょっと話が難しかったかも・・・と言うのはあるけれど、
専門家に専門的な話を聞くのも、よい勉強。
たまには難しい話を聞かせるのも良いのだ。

出前授業 「台風と天気の変化」

今週の月曜日、前橋地方気象台の気象情報官の方を講師に、
5年生を対象に出前授業を行った。

5年生「台風と天気の変化」
春に行った「天気の変化」の授業と同じ講師の先生。
同じ先生にお願いできると子どもたちも慣れているし、
関連付けた授業もできるので効果的。

今回もパワーポイントを使っての授業だったけれど、
気象台だから入手できる映像資料やデータを使っての授業と言うことで、
難しいことも分かりやすく勉強することができた。

欲を言えば、何か活動できるようなことや触れる模型などがあると、
45分間保たない子でも飽きずに取り組めるかなぁ~。

Taifu0 こんな流れで。

Taifu01 積極的に発言 授業より元気・・・

Taifuu02 これが一番よく覚えているところ。

翌日には台風18号が発生し、
大陸に向かうと思われていた17号が日本に接近中。
学習したことを早速検証してもらいたいのだけれど、
天気予報とかちゃんと見ているかなぁ~。

出前授業 「動く環境教室 エコムーブ号」

全くもって今更な記事ですが・・・。
1学期も押し詰まった7月18日(水)、
6年生を対象に「動く環境教室 エコムーブ号」を行った。

エコムーブ号は、県の事業で当然無料!
詳しくはこちら↓

移動環境学習車「エコムーブ号」
http://www.pref.gunma.jp/04/e0110045.html

エコムーブ号「動く環境教室」
http://www.pref.gunma.jp/04/e0110064.html


今回は、「地球温暖化」と「大気汚染」の2テーマを授業してもらった。

■地球温暖化

Eco01
パネルを使っての説明。
地球温暖化が進むとどんな現象が見られるようになるかな?

環境学習サポーターの先生はお話が上手い!
テンポが良いので、子どもたちもぐいぐい引きつけられる。

Eco03
白熱灯、蛍光灯、LED電球の消費電力の違いを見る。

電気の節約は、二酸化炭素削減につながる。
無闇に節電すると健康に影響が出るから、
上手な節電方法を考えよう。


■大気汚染
Eco02
自動車の排気ガス中の窒素酸化物の量のザルツマン試薬で調べる。
「お手伝いしてくれる人~!」「はい。はい。」
新しい車は、排出ガスの量が減っているから、よりクリーンだね。


Eco04
それから、松葉の気孔を観察して、空気の汚れ具合を見る。

Eco05
こんな感じに見えるはず・・・。

で、
Eco06
こんな感じ。気孔に黒い汚れが詰まっている!!
学校の校庭の松葉なのに・・・。


ということで、45分×2テーマの授業であった。
いろいろな機材を用意していただき、
子どもたちもいつも以上に熱心に取り組んでいた。

できるならば、「小学生の子どもたちには何ができるか」という
良いよくしていくための方策などを聞けると良かったかなぁ~。
小学生が自分で考えて、生活を改善していけるといいよね。
ま、大気汚染は小学生にはどうしようもないかもしれないけど・・・。

出前授業 「省エネを科学する!」

昨年度までは、省エネ家電フォーラムの出前授業を利用していたのだけれど、
今年から無くなってしまった。
夏休み前に「省エネ・節電」関係で出前授業はできないものかと考え、
3月の日初理群馬支部の春期特別研修会でお世話になった
NPO法人企業教育研究会さんにお願いすることにした。

 日初理群馬支部の春期特別研修会の報告はこちら↓
  http://chiy-science.cocolog-nifty.com/scienceblog/cat23154617/index.html


NPO法人企業教育研究会のサイトはこちら↓
http://ace-npo.org/
この中の「エネルギー環境教育支援プログラム」を利用しました。
よく考えられているプログラムで、ちょうど45分。

節電するにはどうしたらよいか?
 ・電気をたくさん使うものを知り、なるべく使わないようにする。
 ・どうしても使わなくてはならないこともある。風を起こして効率よく使おう。


Demae02
主に進行する「博士」と「助手」

Demae01
自転車発電機を使って、電気の「大食い」を探す。

Demae04
校長先生にもご協力いただいた。
大人がせっせと回しても、ドライヤーは温風が出ない。

Demae03
涼しく感じるにはどうしたらいいかな?
火照った顔に扇風機で風を当てると・・・。
サーモグラフィの色が見る見るうちに変化した。

エアコンを使うときにも、風を併用すると良い。
暖かい空気は上に溜まるから、混ぜてあげると良い。


実体験と分かりやすいスライドで、子どもたちの感想を見ても、
「節電」への関心が高まったようだ。
むやみな節電をして健康に影響が出るようでは困る。
「どうしたらよりより節電になるのか」を伝達できたのは、大変貴重だった。
いろいろな器具も自分では用意できないようなものばかりなので、
無料で貸してもらえるのはとてもありがたい。
機会があったら、器具だけ借りて、自分で授業をするのもいいかもしれない。






出前授業 「天気の変化」

先週の月曜日(5月14日)に出前授業を行った。
(アップが遅すぎ・・・wobbly
異動になったので勝手がだいぶ違うのだけれど、何とか出前授業を実施した。
前橋地方気象台の「出前講座」。
昨年度まで担当だった方は、今年で異動になったのだそうだ。
4年もお世話になったので、寂しいなぁ・・・。慣れていたし。

今年からの方は、小学生への出前授業は初めてということで、
事前に来校しての打ち合わせも行った。
秋の台風の授業でも出前授業をしたいことを伝えて、
関連づけたお話しをしていただけるようにお願いした。

one最初は自己紹介。
 さらに前の週に起こった竜巻について、その時の気象情報などを紹介。

 Tenki01

two続いて、低気圧と高気圧の説明。
 大雑把に、低気圧は天気が悪くなる、高気圧は天気が良くなる。
 低気圧は気圧の低いところで、高気圧は気圧が高いところ。
 周りとの比較なので、1000を超える低気圧もあれば、
 1000よりも低い高気圧もある。
 例えばコレ↓ 一つの気圧図の中に、高気圧より気圧の高い低気圧がある。
 Tenki02

three雲は動いているというお話
 気象衛星の雲写真の動画を見ながら、雲が動いている様子を確認。
 
 雲の動きによって天気も変わる。

four雲のでき方
 雲のでき方はちょっと難しい話。
 飽和水蒸気量や水蒸気が水になるなんて話もだしながら。

five観測機器を見てみよう
 アメダスの観測施設の写真を見て、実際の雨量計の模型を触らせてもらった。
 Tenki03
 装置の説明

 Tenki02_2
 中の雨水がたまるところを見ています。

 
こんな感じで授業は終了。
途中で事前に子どもたちにアンケートした質問にも答えていただいた。
最後に、授業を受けての質問コーナーをしたら、
次々質問が出て、こちらがびっくり。
(昨年までの学校では、最後の質問は出たことがなかったので・・・)

特に実物のある雨量計は興味関心が高かったようだ。
重さが気になって、持たせてもらった子もいた。


気象の出前授業はどうしても座学になってしまうので、
子どもたちにはちょっと厳しいのだけれど、
普段は見られないものも見ることができるので、貴重な体験だと思う。
子どもたちの感想も、「難しかった」と言うのも多かったけれど、
滅多にできない体験ができたのが良かったという声も多数あった。
今後も、このような機会をどんどん増やしていきたいと思う。








「電流の生み出す力」 出前授業

今年度最後の出前授業。
「電流のうみ出す力」について、
群馬大学工学部技術専門員の先生を講師にお願いした。
今年で4回目。

授業内容は、昨年度とほぼ同じ。
昨年度の記事↓
http://chiy-science.cocolog-nifty.com/scienceblog/2011/03/post-4677.html


今年の子どもたちはどちらかというと大人しく、
普段の発言も少なめだ。
でも出前授業の時には、実験を見る度に感嘆の声が上がったり、
積極的に質問をしたりと、いつもとは様子が違った。

電気の出前授業は、目を引く実験がばかりなので、
子どもたちの印象もとても良い。

「電気」の分野は、中学校に行って苦手科目になりやすいので、
なるべく楽しい経験を積ませて、心理的垣根を低くしておきたいと思う。