リンク

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

小道具

モーターの原理説明器

授業も終わっているので、すごく今更感があるのだけれど。
こんなの作ってみましたの、紹介。
自画自賛だけど、なかなかよく出来たcatface


白ボール紙と画用紙を組み合わせて作った。
真ん中のコイル部分が回転すると磁極が変わるようになっているのがポイント。
回していくと、重さでパタッと変わるのだ。
Motor01

前の学校は、LEDを使った本格的な模型があったんだけどね。
5万円超なので、すぐには買ってもらえないだろう。
顕微鏡とかほかに買ってもらいたいものがあるからな。


そして恒例の鉄芯なしのモーター作り。
Motor02
20分くらいで、30人中5・6人は回せた。

ふりこのきまり

Furiko01

5年生の授業で「ふりこのきまり」が終わった。
ふりこの実験装置がなかったので、今年は自作。
自作ふりこは、振れている内に振れ幅が変わってしまうので、
やはり専用の振り子実験装置が欲しいなぁ~。
来年は買えるといいなぁ。
(ま、ふれはば変わっても1往復する時間は変わらないのだけれどね・・・)


初等理科の研究会に行って教わった、
プロジェクターを黒板に直映しにするのをやってみた。

Furiko02 Furiko03

実物投影機でワークシートを映して、プロジェクターで投影。
グラフ上の赤いポイントはワークシートに直書きしてある。
グラフのラインが光って見えているけれど、
これは黒板に黄色のチョークで書いてある。
なかなかいい感じ。
黒板だと、書いたり消したりできるし、ライトで光るからインパクト大。

ワークシートに書き込む内容と黒板に書く内容を吟味すると
効果大だと思う。

調子に乗って、
4年生の水の沸点と融点の実験でも使ってみた。
児童のワークシートを黒板に投影して、
そのグラフの中に説明をチョークで書き込んだ。

これはなかなか使える技!

化石展示会♪

6年生の「大地の変化」の授業で使うために、
県自然史博物館で化石を借りてきた。

群馬県自然史博物館には以下のようなシステムがあるのだ。http://www.gmnh.pref.gunma.jp/education/lending/
この中の、「いろいろな化石」を借りた。

せっかくだから授業で使うだけでなく、
休み時間に展示会を開いた。

Keiji03

3日間開催して、1日10人程度。
目も行き届いてちょうど良いくらいだったかな~。
4年生以上は授業でも伝えたのだけれど、
聞いていなかった子もいたようだ。
後で知って残念がっていた子もいた。
また来年もするつもりなので、
来年を楽しみに待ってもらおう。

Kaseki01

Kaseki02

実物の化石(一部はレプリカだけど)を、
間近で実際に触るなんてことはなかなかできないので、
良い体験になったようだ。

借りたり返したりの手間はかかるけど、
私も好きなだけ化石が触れるのでとても楽しい。

来年は、レプリカの作成もできるといいなぁ~。
一クラスの人数が減るから、一人でも見きれるかしら。

メダカ 雌雄の観察

今までは、メダカの雌雄の観察をする時は自作の簡易小型水槽を利用していた。
こんな感じ↓
http://chiy-science.cocolog-nifty.com/scienceblog/2010/06/post-c6bd.html

しかし作成道具は前任校に置いてきてしまった・・・。
今ドキ、フロッピーケースやMDケースなどそうそう手に入らない。
どうしたものかと思案していたところ、いいものを見つけた!!


これ↓ (アフィリエイトでごめんなさいcoldsweats01




中身は使わず、ケースだけ。
ラベルを丁寧にはがせば、小型水槽のできあがり!

「かうねっと」でも扱っているらしいので、
事務で画鋲を買うときに、いくつかコレにしてもらえば、すぐに数は揃うと思う。
同じような商品でも、ケースに穴があいているものもあるので、
買うときには注意が必要。


もともと液体を入れるための容器ではないので、
多少は液漏れするけれど、ボタボタはこぼれないので、
許容範囲ではないかなぁ~。


実際の様子はこんな感じ。
ケースに詰めるのは、そんなに難しくない。
こういうときは、粉末洗濯用洗剤のスプーンが便利。

Medaka01_5

Medaka02 こんな感じで入っている。

Medaka03
 手持ちできるので、見やすい。

Medaka06 オスかな? メスかな?

Medaka07 水が少し出るので、トレイを下に置いて。

安いし、手に入れやすいし、オススメです。

メダカ

着々と卵を産んでいる。
今日は、30個くらいか。

Medakaegg


2週間ほど前の卵は、孵化も始まった。
カップに入れたまま放置していたのだけれどね。
Medakachibi

私は基本的に、卵は水草から取り外して、カップに入れて管理している。

そろそろ5年生が観察を始めるので、
今日採集したものから、1日15個くらいずつチャック付きのビニル袋に包装する。
今の予定だと、来週末にはメダカの卵の観察。

植物の栽培

植物も栽培中。

今年度は、以前より交流のあるほるんさんを見習って、
ズッキーニを栽培中。

5月のゴールデンウィーク明けに種まきをして、
大きな鉢に移し替えたのが、2週間前くらい。
Zukkini


今は、このサイズになった。
Ingen

周りにあるのは、インゲンマメ。
5年生の授業で使っている。

「花から実へ」は、
毎年運動会練習と重なって落ちつかず、
ヘチマの育ち具合も上手く合わないことも重なって、
知識の定着がイマイチな単元だ。

今年はすでに、「アブラナ」と「ツツジ」の花のつくりの観察を済ませた。
今後、観察できそうな花があれば、それも観察するつもり。
できれば、夏休み前にズッキーニを使って、受粉の内容も済ませたいと思っている。
2学期は学習内容も多いから、前倒しでいけるといいのだけれど。

カブトムシの人工蛹室

以前も作ったのだけれど、今年も作ってみた。
前に作ったときの記録はこちら↓
http://chiy-science.cocolog-nifty.com/scienceblog/2010/05/post-8bf0.html

今回もオアシスを使って人工蛹室を作った。
簡単に作れてオススメ。


カブトムシの幼虫は、GW前にホームセンターで、
1匹50円で購入。そろそろ蛹になる時期なので安くなっていた。
大きいのがオス小さいのがメスと見当を付けて購入したのだけれど、
家に帰ってお腹の模様を確かめたら、多分当たり。

2匹のウチ、オスの方が蛹室を作って動かなくなったので、
2日様子を見て、取り出すことにした。

Tkabuto01
掘り出したところ。きれいな蛹室ができている。

Kabuto02
取り出した。かなり大きい。
身体も茶色になっているので、そろそろかも。

Kabuto03
人工蛹室に乗せたところ。
この後、ケースに入れる。

もう1匹は、外から見えず、状態が分からない・・・。



Kabuto04
慎重に探していくと、すぐ隣で蛹室を作っていた!

Kabuto05
取り出すと、だいぶ茶色くなっている。
こっちも大丈夫かなぁ~?

Kabuto06
取りあえずケースに入れてみた。



が、小さいのはまだ時期が早かったらしく、
その後人工蛹室を食い荒らしてしまった・・・coldsweats02
好みの蛹室ではなかったらしい。

その様子を見ていたら、
口から焦げ茶色の液体を出して、蛹室の内壁に塗りつけるのを見ることができた。
その際に、あご(?)をカチカチと鳴らすのも聞くことができた。

前に本で、蛹室の内側は糞をかみ砕いて塗りつけて補強すると読んだのだけれど、
実際にその様子を見ることができた。(あの液体は糞なのか?)
カチカチ音も、自分の蛹室の存在を仲間に知らせるためだと読んだけれど、
その割には近接して作ってあったなぁなどと考えてみたり。

人工蛹室に穴を掘ってしまった幼虫ちゃんには、新たな部屋を用意した。

蛹室に入れてから、大きい幼虫は前蛹になるための腹筋運動をする様子を
観察できるようになった。
小さい方も、そろそろ腹筋運動を始めそう。












キャベツ植えた

Kyabetu

10月11日。
キャベツを10株とカキナを植えた。
来年の3年生の観察用だ。

昨年は10月の頭に植えたのだけれど、
その後暖かい日が続きぐんぐん育ってしまい、
さらにはアオムシまで襲来した。

今年は、キャベツを購入できるギリギリまで
遅くしてもらったのだけれど、この時期。
さてこれからどうなるだろうか・・・。

写真を撮った後、
鳥よけ用のネットを掛けた。

種まき ファストプランツと宇宙種

もっと早く蒔けばよかったかしら・・・と思いつつ。

今年は、ファストプランツに挑戦。
去年調べて存在は知っていたのだけれど、どんなもんなんですかね。

   Fast Plants(TM):ファストプランツへようこそ!
   http://www.fastplants.jp/


Seed01
種子50粒で1000円。

とりあえず時間差を付けるために、5個蒔いてみた。
土は、ダイソーの種蒔き用土、カップは同じくそのまま土に植えられるカップ。

ものは試しに、実験実験。


そうそう、アゲハ用に植えたヘンルーダ。
夏休み中の管理を怠ったら枯れてしまった・・・。
それ以前に、今年は学校のミカンの木にもアゲハの幼虫が現れなかった。
今年はアゲハが少なかったなぁ(なぜ?)
セミの鳴く時期も短期間だったし。。。



それから、1学期中に学校に届いていたのだけれど、
夏休みに入ってしまうので保留にしてあった、「宇宙種」を蒔いた。

Seed02

「ベネッセ 宇宙のたね ラストミッション」
http://www.benesse.co.jp/tane/project/kit.html

今年はまだ暖かそうだから、無事に育つといいなぁ~。
あ、宇宙たねの日記も書かないと!

理科室物品配置マップ

今年の自己申告書の課題でもある、
「理科室物品配置マップ」が完成!

理科の各学年で使う物品が理科室や準備室のどこにあるかを
まとめた地図。

Keiji0901

理科室と準備室の棚にそれぞれ番号を割り振って、
物品の一覧に番号をあてはめたもの。

理科室も準備室も、それぞれの棚や引出には何が入っているかプレートが
付いているのだけれど、そこから探し出すのはちょっと大変。
こういうのがあるといいのよね~という声があったので、作成した。
教科書も一新して、必要物品もちょっと変わったので、
今回作成できて良かったかも。

ま、使われたものが必ず元の場所に戻ってこないとダメなんですが。。。
「ちゃんと戻してください~!」とお願いしたり、
さっさと取りに行ったりするのも、理科主任の重要なお仕事です。

より以前の記事一覧