リンク

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

『困ったときに役立つピンポイント100』明治図書


















本が発売になりました!!

理科免許を持っていない先生、
初任の先生、
理科に自信のない先生向けの本です。
もちろん、理科に自信のある先生もどうぞ!

ちょっと知っておくと便利な小ネタ、
実験観察が上手くいくコツなど満載です。

ピンポイント100のうち29を私が書きましたpencil

企画展「甦れ! カミツキマッコウ古代ゾウ」

県自然史博物館の夏の企画展「甦れ! カミツキマッコウ古代ゾウ」を
見に行ってきたnote
http://www.gmnh.pref.gunma.jp/view/servlet/PublicEvent?event_id=261


うっかりカメラを忘れたので写真なし・・・。
というか、研究中の化石もあるため、
写真撮影できるのはほんの一部分だけ。

とにかく古い物から新しい物まで化石がたくさんあって、
小学生高学年の好きな子には楽しいんじゃないだろうか。
特定の種類の生物を見るというよりは、
古い方から新しい方まで群馬県産の化石を中心にって感じ。

群馬県て海洋生物の化石がいろいろ見つかっているのね~。

環境教育研修

夏休みに入ったので、自主研修の講座に参加。
県総合教育センターで、環境教育講座。
ソーラークッカーにチャレンジ。
一度やってみたいと思っていたのだ。

講師は、ソーラークッカーで有名な足利工業大学の中條先生。
http://www2.ashitech.ac.jp/mech/nakajo/index.htm

パネル型のソーラークッカーを作り、
実際にゆで卵やホットケーキを調理した。

ソーラークッカーのしくみも学習したけれど、
太陽のエネルギーを点ではなく面で集めることを重要性を知る。
当日はやや曇りだったのだけれど、
飯盒の表面は高温になって、水を垂らすと一瞬で沸騰する程だった。

ソーラークッカーを世界中に普及させたいのだけれど、
思ったほど普及していかない現状や原因についての話もあった。
文化を変えていくのはとても難しい。


Dscf4046
教育センターのテラスで調理中。

Dscf4043
パネル型ソーラークッカー。
飯盒の中に水と卵が入っている。
PP袋で包んであるのでわかりづらいけれど、
水蒸気が水滴になってびっしり。

先生が用意した集光型で、ボイルドソーセージを調理。
Dsc_0247


2時間ほど置いておくと、ゆで卵もホットケーキもできあがり!

Dsc_0255_2 Dsc_0258

Dscf4048  Dsc_0261

ゆで卵もホットケーキもゆっくりじっくり加熱されるためか、
ほんのり茶色くなっている。
別に焦げているわけではない。
ゆで卵はなぜか白身が甘くなっていて、とてもおいしい♪

Dsc_0250
ボイルドソーセージもおいしくいただきましたrestaurant


集光型も、キットで作成。
Dsc_0262
土台にアルミシートを貼る。
昔取った杵柄、図書のラミネート貼りが思い出される。
上手に貼れていると褒めてられたcatface

Dsc_0264
全部貼れた!

Dsc_0265
組み立てて完成sun


早速、翌日、家でも作ってみた。
ホットケーキがおいしくできた。
今度は、職場でも作ってみようと思う。

7月の掲示

興味関心を高めるため、理科用掲示板を新たに拡張!
理科室に来る子どもたちだけでなく、多くの子の目に触れる場所ということで、
児童玄関前の掲示板を理科用にもらった。

夏休み前は、自由研究関連の掲示をおこなった。
自由研究本も置いてみた。

Dscf4050_3

Dscf4049

効果があったのかなかったのか?
自由研究の取り組みはどんなもんだろうか。
   

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »