リンク

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

江戸人展とインターメディアテク

久しぶりに休暇を取って、平日の東京へ。
このチャンスを逃すと、「江戸人展」が見られないのだ。
珍しい人骨がたくさん見られると聞いたので、ぜひ見たかった。

科博企画展 「江戸人展」
http://www.kahaku.go.jp/event/2013/04edo/

Edo01
会場パンフが和紙っぽいのがステキshine

Edo02
最初の展示は、武家顔と商人顔の比較。
江戸時代は身分によって骨の特徴が違う。
生活習慣の影響だそうだ。
縄文人と弥生人で骨格が違うと言うけれど、
違いの差ってどのくらいのものなんだろう?


Edo03
大名になるとさらにうりざね顔。
骨格から再現しているから、かおの歪み具合まで忠実。
皮膚感もリアルで、今の技術はすごいね。


Edo04
江戸人の骨格。
江戸時代にしてはかなりご長寿な老人の骨。
なんと木と石で作った入れ歯まで!

梅毒の骨とか溶けてたし。
帯の占めすぎで肋骨歪んだ骨とか。

Edo05
災害被害者の骨も見つかっている。
鎌原の例だけでなく、振り袖火事の写真もあったな。

お化粧品のコーナーもあった。
お歯黒のにおいを実感するコーナーは、
修学旅行と思われる小中校生が吠えていた。
(結構強烈なにおいがする)
お歯黒は、家族の寝ている早朝とかに縫ったそうだ。
確かにそうじゃないと大変そう・・・。

Edo06
ビックリしたのは、110年間売れ続けた美容雑誌。
すっごいベストセラーよね。



せっかく東京まで出たので、
午後は東京駅近くのJPタワーにできたインターメディアテクへ。

インターメディアテク
http://www.intermediatheque.jp/

こちらは、東京大学総合博物館と日本郵政が共同運営している
美術館のような博物館。

常設展示は、東京大学博物館のコレクションルーム。
展示の仕方が、なんというか博物学の陳列みたいな感じ。
どどーんといろんなものがオシャレに並んでいる。
一つ一つを見ると、おぉっと目を引くような。

都会のオシャレなビルの中に展示施設があるのは、すごく新鮮。
難しい学問の世界が身近に感じられる。
展示方法もおしゃれな感じだから、若い人からお年寄りまで立ち寄りやすそう。
大人の興味関心を引く展示方法だと思う。

特別展示も美術館のような装いで、
ソファーも置かれているからのんびり座って鑑賞したい。
「コスモグラフィア」の火星の写真とかずっと見ていても飽きないなぁ~。

収蔵庫もガラス張りで中の様子が見えるのだ。
なぜか鳥ばかり置いてあったけど、収蔵庫も入れ替えとかあるのかな。

東大博物館は本館の方も大人向けなんだけど、
こちらはさらに大人向けの印象。
JPタワーの中のショップも大人向けだし、
のんびり博物館を見たり買い物したり、また行きたいなぁ~。

草津白根山

6月2日、草津白根に行ってきた。

こちら↓のイベントに参加。
http://twipla.jp/events/48223

1日は予定があったので、2日目だけの参加。
草津白根は、大学生の時以来だなぁ~。
学生の時は溶岩流の名前とかしっかり覚えていたけれど、
今はすっかり忘れちゃったわ。。。

主な観察ポイントは、togetterを参照されたし↓
明るく楽しい勉強会、草津白根山、2013年6月2日
http://togetter.com/li/512514

芳ヶ平までの道のりが結構あってくたびれた。
でも東側から白根を見るのは初めてだったので、新鮮♪
岩がガラガラしているし、噴気も出ているし、
駐車場の側から見るのとは雰囲気が違った。
湿原も見に行けば良かったなぁ~。

富士山と生物多様性センター

最近もっぱらツィッターで、ブログ更新は滞り中・・・。
日々の授業記録で手一杯な感じ。

さて、お出かけ記録くらいは残しておきたいので書いておく。

日本が活動期に入っているとかなんとか。
富士山もいつ噴火するか分からないとか。
次に富士山が噴火すると、今の山体を保っていられるか分からないらしい。
あんなにきれいな成層火山、いつ山体崩壊してもおかしくない。
311以後の富士山直下の地震の時には、すわ崩れたかと話題にもなった。

きれいなウチに見に行っておこうと、富士山に出かけることにした。
今回は北側(山梨県側)からのアプローチ。

Fuji01_2
高速道路からパチリ。
珍しく家族でお出かけだったので、写真が撮れた。
裾野まできれいな富士山。

Fuji02
4合目駐車場から。
眼下に広がる雲海。
この日はちょっと雲が多かったのだ。

Fuji03
駐車場にあったアメダスの測定機器。
景観重視だから茶色いのね~。
昔のよりいろいろコンパクトになっているみたい。

Fuji04
山体変動観測装置。
コンクリートの柱の上にGPSの装置が載っているだけなの?
意外と地味に立っている。

Fuji05
5合目駐車場まで来た。
頂上は雲の中~。
観光バスがいっぱい!

Fuji06
風が強いから木が傾いているね。

Fuji07 Fuji08
富士山カレーとマスコットcatface


富士山の麓に、生物多様性センターなる施設を見つける。
早速行って見る。

生物多様性センター
http://www.biodic.go.jp/biodiversity/

2011年から始まった「国連生物多様性の10年」に関連して作られた施設。

Fuji09

Fuji10
ハクビシンやタヌキの毛皮に触れたり、
ツキノワグマの剥製に触れたりする。

Fuji11
展示も工夫されていておもしろい。
映像資料も満載だし、生物多様性が大切なこともよく分かる展示だ。

でも、日曜日なのに人がほとんどいなかったなぁ~。
ウチの子たちはとても喜んでいたけれど・・・。
万人受けする内容じゃないよな。
「生物多様性の10年」も周知されていないと感じるし。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »