リンク

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 5月の掲示 その2 | トップページ | カブトムシが蛹に 2匹目 »

出前授業 5年「天気と気温の変化」

前橋地方気象台の出前講座
http://www.jma-net.go.jp/maebashi/demae.html)を利用して、
5年生の天気の授業を行った。
1クラス45分×5クラスの授業をしていただいた。

天気の授業自体はGW前に終わっていたのだけれど、
家庭訪問などの学校行事の兼ね合いで今の時期になった。

昨年までは、理科支援員等配置事業の特別授業制度を利用していたのだけれど、
廃止になってしまったので、「出前授業」を利用することにした。


Gazo01_2
「雲のできるしくみ」「雨の降るしくみ」を中心に授業を進め、
「雷の危険性」についても話しがあった。
意外と子どもたちは、雷の際の避難の仕方(木から離れるなど)について知識があった。

Fuji_2  Kyosyu_2
続いて、事前に子どもたちから出されていた質問・疑問事項に答えてもらった。
さすが専門家は資料なども充実していて、分かりやすい写真などを見せてもらえた。
子どもたちも、実際の様子などが分かったようで、「おぉ~!」なんて声も聞かれた。

最後にいろいろな観測器具などを見せてもらった。
Uryo_2 雨量計 

Ame_2 雨粒の形を調べる装置
 雨粒が、「あんパン」の形をしているのを確かめることができる。
 先生の手作りだそうで、がんばれば作れるらしい。。。

Kukiho_2 空気砲
風が、空気の移動であることを体感。
空気砲にこんな使い方があるとは思わなかった。

とても楽しい授業で、やはり外部講師の方に授業をしてもらうと違うなと思う。
子どもたちも印象の残り方が違うのではないだろうか。

気象台や気象予報官の仕事についても話があり、
キャリア教育的な側面もあると思う。

今後も機会を見て、外部講師の方に授業をお願いしていきたいと思う。

« 5月の掲示 その2 | トップページ | カブトムシが蛹に 2匹目 »

出前授業」カテゴリの記事

5年」カテゴリの記事

コメント

「外部講師」,初の民間校長だった藤原和博さんによれば,「ナナメの関係」の人になると思いますが,子供たちには良い経験になりますね。
小学生どころか大学生でも,ナナメの位置の人との付合いの経験が少ない・下手な人がいます。

「ナナメの関係」
心理学で勉強したことあります。
外部講師も「ナナメの関係」になるのですね。

気象台の方も、
「興味があったら気象台に来てね。
 おじさん待ってるよ!」と言ってくださいました。
良いきっかけになるといいのですが。。。

今の世の中、縦と横ばかりの気がします。
大人でもナナメの関係は必要だと思います。

昨日、雷なりました。
ちょうど息子の下校時間だったので、気になってよく外を見ていたので、何度も稲妻が見れました^^

「ナナメの関係」初めて聞きました^^;
外部講師の授業を依頼した場合、その時間はCHIYさんの授業でカウントしてもいいんですよね?
私の立場ではそれができないみたいです・・・
しっかり自分で授業して、1単位報酬・・みたいな~^^

ほるん様

私の場合、自分の持ち時数のカウントってあまり考えないですね~。
各々のクラスが105時間を超えればいいので。
担任が授業しても私がしても理科なら理科でカウントされます。

こちらは雷にはならず、しとしとずっと降っています。。。

そうか~・・・CHIYさん、常勤だもんね~^^

非常勤は年間175時間しか時間をもらえません。
超過はわたしは気にしませんが、担任の先生の授業時間数が減ることになるし、学校が講師を時間外で使っているということで、指導を受けてしまうので・・・
こういう出前授業、いいな~と思うのですが、非常勤の私が企画できる範囲ではないので悔しいです!!

今日、記事に書きましたが・・・・・
6月末にサイエンス教室があります。(学校行事)
その内容の危険性をチェックしてほしいと学校長から依頼がありました。
『わたしは教科書以外の内容のチェックなんてできません。教科書を指導するのみの教員なので』
そのように伝えたのですが、他にお願いする方がいないので・・・とのこと。
詳細がわかったら、CHIYさんの目でも危険性をチェックしていただけるとありがたいです。もちろん私も勉強して、チェックするつもりですが^^
よろしくお願いいたします。

ほるん様

ブログにコメントしました。
サイエンス教室って楽しそうですね。

週案に昨年の内容が添付してありました!
1.2年
○ホバークラフト試乗
○ダンボール砲
○ローソクマジック
・ストロー飛行体作り
3年
○ホバークラフト試乗
○ダンボール砲
○ローソクマジック(多分1.2年と一緒にやった)
・キーホルダー作り
4年
○水に浮かぶ文字
○ロケット発射
○燃えないハンカチ
・スライム作り
5,6年
○科学の不思議な世界
・コピックで指のレプリカ作り
・豚笛作り

○が ショーで ・が体験活動です。

4年の活動で薬品が目に入るアクシデントがありまして・・・・・
学校長が慎重になられるわけも良く分かります^^

サイエンス教室、楽しそうですね。
4年生の「薬品」って、「ほう砂」でしょうか?

学校のクラブでスライムを作る時には、
「ほう砂水溶液」は教員が用意をしています。
「ほう砂」は意外と危ないんですよね。

過剰に心配しすぎるのもどうかと思いますが、
注意も必要ですよね。

この行事はわたしの勤務日外に行われたので、詳細は???
何か、かき混ぜていて・・・・・というあたりしか聞いておりません・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551505/48455117

この記事へのトラックバック一覧です: 出前授業 5年「天気と気温の変化」:

« 5月の掲示 その2 | トップページ | カブトムシが蛹に 2匹目 »