リンク

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 小6コンデンサの実験 | トップページ | 教材が届いた! »

小6コンデンサの実験 その2

*さらにコメントをいただいたので、一部内容を追加しました。(3/26)

またコメントをいただいたので、それに関して記事にしたいと思います。
多分みなさん同じようなことを疑問に思うのではないかと思うんです。
以前に書いた内容と重なる部分もあるかとは思いますが、ご容赦ください。


  Dennatukei01

>・手回し充電器3V、コンデンサ1Fの場合も同様の回路でできるか?

はい、できます。
でも3V手回し発電機なら、いくら回しても3V以上は充電できないので、
電圧計は必要ないかもしれません。(1Fということは、耐電圧は5.5Vですね。)
「コンデンサ使用後には、いつも必ず100回回す」というような指示でも、
充電量を確保できると考えられます。
手際が悪くて消費してしまう可能性は残りますが。。。

3Vの手回し発電機なら、10F2.3Vのコンデンサでも問題なく充電できます。
3V出るといっても、このような回路で3V出すことは難しいと思います。
もし3V出ても許容範囲でしょう。



>・電圧計を入れ、写真のように回路を作るとき、スイッチはなくてはいけないのか?
>・「コンデンサを外すのが難しい」とコメントあるが、
> うまく外さないとコンデンサに充電した電気がなくなってしまうのか?

コンデンサが充電された後、手回し発電機をそのままつないでおくと、
充電された電気は消費されてしまいます。
手回し発電機の手を離すとハンドルが回転を始めるので、それが分かります。
だからといって、ハンドルを押さえておいても、消費を止めることはできません。
とにかく、すばやくコンデンサから手回し発電機を外すことが重要です。
回路の中にスイッチを入れるのも一つの方法だと思います。
子どもの場合には、二人一組で、回す人・接続を切る人の役割分担をすると
スムーズに充電できるのではないかと思います。


>「発電機を回したままコンデンサをはずそう。
> ハンドルを止めるとせっかく溜めた電気が『逆流』してしまうよ!」
>と言い含めておくのはどうでしょう。

コメントをいただきました。
ハンドルを止めた瞬間から、コンデンサにためた電気が消費してしまうことを
伝えておくことも大事だと思います。
だからといって、作業が雑になりクリップが取れてしまったりしては、
元も子もありません。作業は落ち着いて、丁寧に、確実に。


>『発電機を回したままコンデンサはずそう。』
二人一組ならこの方法もできると思います。

可能なら、この方が、無駄な消費が少ないと思います。
回したままだからといって感電するようなことはありません。
ただ、手回し発電機の手応えがガクッと減るので、その点は注意が必要です。
ハンドルに力をかけすぎて壊れてしまうなんてことがあるかもしれません。

>・写真のように回路を作ってから、手回し充電器を回転させコンデンサに充電して
 いく。ということは、電圧計の針は最初は0で、そのうち、数値が上がっていく!?
 そして、目的の電圧になったら、回転をやめればいい?!

その通りです。
ただ、同じペースで回していても、最初のうちはぐんぐん電圧が上がるのですが、
満充電に近づくにつれて、電圧の上昇が鈍くなってきます。
針の動きや手応えの変化などにも関心を持たせるとおもしろいかもしれません。



>「1秒に2回転で、100回転で充電」
 このリズムがつかめる曲か何かあるとうれしいな~♪
 充電コーナーでは常にそのCDを流しておいて、
 リズムに合わせて手回し充電器をまわす!

何か良い曲が見つかるといいですよね。
メトロノームなどをスクリーンに大写しにしておいたり、
ビデオでタイマーの流したり、いろいろ方法は考えられそうです。
「これだ!」ってアイディアが見つかるといいのですが。。。

« 小6コンデンサの実験 | トップページ | 教材が届いた! »

小道具」カテゴリの記事

授業」カテゴリの記事

6年」カテゴリの記事

コメント

スイッチ利用+2人一組はいいですね。焦らなくて操作の
正確性が増しそう。
あと,
「発電機を回したままコンデンサをはずそう。ハンドルを
 止めるとせっかく溜めた電気が『逆流』しちゃうよ!」
と言い含めておくのはどうでしょう。

CHIYさん! ありがとうございます!
どの質問もすっきりしました^^
今すぐ、やってみたい!! 
そんな気分です♪ 
Hyaruさんの『発電機を回したままコンデンサはずし』はOKですか? だったら、そうしたいな~♡

Hyaru様

>「発電機を回したままコンデンサをはずそう。ハンドルを
> 止めるとせっかく溜めた電気が『逆流』しちゃうよ!」
>と言い含めておくのはどうでしょう。

そうですね。この指示は重要ですね。
忘れないように追加しておきます。


ほるん様

お役に立てて幸いです。
私も教材研究をするため、
手回し発電機のキットを注文しました。
届くのが楽しみです♪

>『発電機を回したままコンデンサはずし』
これはOKです。
それができるならその方が、無駄な消費が少ないと思います。
回したままだからといって感電するようなことはありません。
ただ、手回し発電機の手応えがガクッと減るので、
その点は注意が必要かもしれません。
ハンドルに力をかけすぎて壊れてしまうなんてことがあるかもしれません。

前回の質問に一つ答えていなかったのですが、
教員同士の情報交換の場ってほとんどありません。
同じ職場に理科教員が居ればまだいいけれど、
相談できるような先輩教員が居ないことも多いです。
ネット上での情報交換の場がもっと広がると、
悩める教員も救われるのではないかなぁと思います。
私もいろいろな人の情報をもらうことで、
とても助かっています。

それにしても,chiyさんにせよほるんさんにせよ,考えたら
時間外で何のお手当てもつかないのに,こんなに熱心に研究
活動されていて,本当にすばらしいことですね!shine
頭が下がります!

Hyaru様

ありがとうございます。
お手当はつきませんが、やったことは実績として残ります。

私の場合、理科専科として採用されているわけではありません。
場合によっては、担任になることもあります。
今後も理科専科として理科を教えていきたいので、
まわりに認めてもらえるようにがんばっていきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551505/47892481

この記事へのトラックバック一覧です: 小6コンデンサの実験 その2:

« 小6コンデンサの実験 | トップページ | 教材が届いた! »